カードローンの総量規制を理解しよう

カードローンの総量規制を理解しよう

カードローンではあらかじめ借りることのできる借入限度額が設定されています。
この借入限度額の範囲内で借入と返済を繰り返していくのが、カードローンの最大の特徴です。
借入限度額は、申込を行った後の審査で決定されます。
誰もが希望する借入限度額で審査が合格するとは限りません。

 

審査では、申込者の返済能力を様々な項目で判断します。
中でも借入限度額に影響を与える項目として重要なのが「年収」です。
この「年収」による借入限度額は、法律上でも制限がかけられています。

 

それが「総量規制」という制度です。
2010年に完全施行した「改正貸金業法」の最大の目玉といえるのが、この「総量規制」です。
貸金業者による、利用者の年収の「3分の1」を越える貸出を禁止したのが「総量規制」の制度で、多重債務者の問題に対抗するため設けられました。

 

この「3分の1」という範囲は、新規申込分だけでなく、他社を含めた金額で判断されます。
またカードローンなどの場合では、借入残高でなく、借入限度額ベースで判断されることにも注意が必要です。
実際に利用残高がなく、空き枠だけ残っているカードローンも総量規制の計算の対象となりますので、必要のないカードローンなどは解約するなどの処置が必要になるでしょう。

 

この「総量規制」には一部例外が設けられています。
利用者にとってメリットとなる貸出、例えばおまとめにより返済負担が減るような貸出は、総量規制の対象外とみなされることがあります。
また住宅ローンなどの不動産向け融資も対象外です。

 

さらに銀行系カードローンは、総量規制の対象とはなりません。
総量規制の対象となるのは「貸金業者」による借入であり、銀行は「貸金業者」ではないのです。
そこで多くの銀行が「総量規制対象外」という宣伝文句で、顧客を勧誘しています。
比較的低金利で利用できる銀行カードローンの魅力の一つは、「総量規制対象外」といえるでしょう。

 

ただし対象外といっても借り過ぎには注意しなくてはいけません。
あくまで自分の返済能力の範囲内で利用することを心がけましょう。