カードローンとキャッシングの違いを理解しておこう

カードローンとキャッシングの違いを理解しておこう

急な出費でお金が必要なとき、頼りになるのが金融機関で取り扱っているローンです。
しかし、ローンの種類もたくさんあり、どの商品を利用すればいいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。
最近では、様々な種類、名称のローンが登場していますので、自分の目的や生活スタイルに応じた商品を選択することが大切になってきます。

 

中でも「カードローン」と「キャッシング」という融資商品は、同じローンであると思われている方もたくさんいらっしゃるでしょう。
ローンを取り扱うホームページでも、同じローンとして取り扱っている先も多く見受けることができます。
実際にはこの2つは、別の融資ローンなのです。

 

その違いは返済方法にあります。
「キャッシング」では、一括返済が原則です。
借りたお金は、翌月の返済日に利息を合わせて一括で返済する商品のことをいいます。

 

一方「カードローンでは、分割返済が基本となります。
借りたお金は、毎月決められた返済日(約定日)に、その時点で計算された利息を合わせて、分割で返済していきます。
その分返済は長期にわたることが多くなっています。

 

どちらも借入限度額の範囲内で借入と返済を繰り返していくことには変わりありません。
返済方法の違いが、両者の決定的な違いとなっています。

 

しかし、現在の金融業界ではこの2つの違いが非常にあいまいになっています。
先に述べたようにホームページ上などでは、違いが明確にされず、同じ融資として取り扱っている先もたくさんあります。
「キャッシング」と呼んでいるローンでも、分割返済が可能になっており、反対に「カードローン」でも一括返済を行うことも可能になっています。

 

利用する側としては、名称の違いにとらわれることなく、その商品自体の中身をよく確認しておくようにしましょう。