カードローンの借り換えを理解しよう

カードローンの借り換えを理解しよう

今カードローンを利用されている方で、次のように思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「あそこのカードローンの方が金利は低かったのに!」
「今のカードローンよりも低金利で販売しているカードローンを見つけてしまった!」
このような方は、カードローンの借り換えを検討してみましょう。

 

カードローンの借り換えとは、新たに低金利のカードローンを申し込んで、そのカードローンで今の借金を返済することをいいます。
上手に低金利のカードローンに借り換えすることにより、以後の利息の返済負担を大幅に減らすことができます。
複数のカードローンを借り換えすることを「一本化」「おまとめ」ともいい、ばらばらであった返済日や返済金額を一つにまとめることもできます。

 

新規に申込を行うわけですので、新たに審査に合格する必要があります。
申込を行う場合には、担当者に必ず「借り換え」「おまとめ」で利用する意思を必ず表示しましょう。
そうでないと、まったく「別枠」の審査となり、金額によっては不合格になる可能性も高くなります。

 

審査では今までの返済実績が重要視されます。
たびたび返済に遅れている状況では、審査に合格することは難しいでしょう。
たとえ単なる入金忘れでも、その分「信用力がない」と判断されることになります。
最低でも1年間程度は、きちんと返済している実績が必要になるでしょう。

 

無事審査に合格したならば、あたらなカードローンで必ず今の借金を返済するようにしましょう。
万が一別の目的に利用した場合、「資金使途違反」となり一括返済を請求されるだけでなく、違約金を請求されることもありますので注意しましょう。

 

借り換えを行った後は、あたらに借入を起こさないように注意することも大切です。
とくに複数のカードローンを一本化した後は、借金が減ったと勘違いしがちです。
再度カードローンで借入をしたのであれば、せっかく借り換えを行った意味がありませんので、肝に銘じておきましょう。