カードローンの過払いを理解しよう

カードローンの過払いを理解しよう

「カードローンの金利は高い!」
多くの方がこのようなイメージをお持ちではないでしょうか。
たしかに他の目的型ローン(住宅ローンや教育ローンなど)を比較するとどうしても金利は高めとなっています。
しかし最近のカードローンでは低金利競争も激しくなっており、非常にリーズナブルに借入を行うことができるようになっています。

 

カードローンの金利を決める法律は「利息制限法」です。
以前の「利息制限法」では、借入金額に応じて上限金利が以下に定められていました。

 

・借入金額10万円未満→年20.0%
・借入金額10万円以上100万円未満の場合→年18.0%
・借入金額100万円以上の場合→年15.0%

 

しかしこの上限金利を上回る貸出も債務者・債権者双方の同意を得た場合には有効とされていました。
これを「みなし弁済の規定」といいます。

 

一方「出資法」という法律では、金銭契約に関する金利は上限年29.2%と定められていました。
この「出資法」と「利息制限法」の2つの金利の幅を「グレーゾーン金利」といいます。
「みなし弁済の規定」を条件として、多くの貸金業者はこの「グレーゾーン金利」で営業を行っていました。

 

しかし「グレーゾーン金利」が裁判を通じて違法であると解釈されたことをうけ、出資法の上限を年20.0%に改め、「みなし弁済の規定」を廃止する法律の改正が行われ、2010年に施行されました。
すると、これまで「グレーゾーン金利」で借入を行っていた債務者が、支払い過ぎた利息の返還を求める動きを起こすようになります。
これが「過払い金請求」で、全国各地で行われるようになりました。
マスコミが大々的に宣伝を行い、弁護士も「過払い金が戻ります!」という広告を掲げるようになり、多くの貸金業者が過払い金請求に応じる結果となり、営業不振に陥ることになりました。

 

現在では過払い金請求の負担に耐えた貸金業者が、適切な金利で営業を行っています。
利用する側も、安心して借入できる体制が整っているといえるでしょう。