カードローン 即日

急な出費の時は即日融資カードローン!

普段の生活においては、お金は無くてはならないものです。
何をするにもまず必要となるのがお金で、そのためにわたしたちは毎日働いて収入を得ています。
仕事の目的の全てがお金ではないでしょうが、一番の目的もまたお金を得ることといえるでしょう。

 

そんなお金が突如不足することも、長い人生では起こることもあります。
いくら注意していても、思いもかけない事態で手元のお金が不足することがあるでしょう。
急な病気や怪我、天災や人災、職場の倒産やリストラ、自分には関係ないと思っていても、このような事態は突如起こりうるものです。

 

手元のお金が不足した場合には、どうして対処しますか。
まずは親や兄弟、友人などの身近な方にお金を借りることを考えるでしょう。
お金が必要な理由を正直に話しをすれば、相手の理解を得ることも可能かもしれません。

 

しかし、相手側にもいろいろな事情があります。
急にお金を貸してくれといわれても、すぐには対処できないかもしれません。
またお金のトラブルは、人間関係に深刻な悪影響を与えます。
いくらお金に困っているとしても、正直に話しをするのに抵抗を覚える方も多いでしょう。

 

急んな出費では、カードローンを利用するという手段もあります。
金融機関などが発売しているカードローンであれば、自分の都合だけを考えて利用することができます。
とくに最近のカードローンでは、申込を行ったその日に融資を受けることのできる「即日融資」が定着しています。
審査にさえ合格できれば、早ければ30分程度でカードが発行され融資を受けることができますので、急な出費にも対応できるでしょう。

 

そもそもカードローンとは、どのような融資をいうのでしょう。
カードローンとは無担保の個人向け小口融資を提供するローンです。
小口とはいっても取扱金額は数十万円から多い先で1千万円の商品もあります。
個人向けですので、個人事業主などの事業資金としては利用できない他、ギャンブルや株式投資などの投機資金としての利用も禁止されています。

 

カードローンでは、その名の通り、カードローンでは専用のカードを使って融資を受けます。
審査に合格すれば専用カードが発行されますので、そのカードでATMやCDで現金を引き出すことにより融資を受けるローンのことをいいます。

 

また最近のカードローンでは、「振込サービス」が付与されているものもたくさんあります。
融資金を直接現金で受け取るのではなく、指定した銀行などの口座に振込を行うサービスです。
どうしてもATMに行く時間が取れない、という方には非常にありがたいサービスです。
一般的には、振込手数料を無料で則振込してくれる点も嬉しいポイントです。

 

基本的にカードローンは無担保融資です。
大型のカードローンの中には不動産などを担保として扱う商品もありますが、基本的には担保を要求されることはありません。
保証人も原則不要ですが、逆にいえば担保や保証人に頼った借入はできないということになります。
利用者の収入からの返済が原則ということです。

 

急な出費の際に役立つカードローンでは、即日融資以外でも様々なメリットがあります。

 

参考サイト
即日融資
キャッシング即日融資ガイド

 

 

○追加融資が可能

 

カードローンでは契約時に、借入可能な限度額が設定されます。
基本的に借入限度額に空き枠があれば、いつでも自由にその枠の範囲内で借入が可能です。
例えば借入限度額100万円のカードローンを契約したと同時に、限度額いっぱいの100万円の融資を受けたとします。
そこ後返済により、借入残高が80万円まで減ると、借入限度額の空き枠は20万円となります。
この20万円は、基本的にいつでも自由に追加で融資を受けることが可能です。

 

追加融資を受ける場合には、借入限度額の範囲内であれば特段手続きは必要ありません。
いつでも自由に追加で融資を受けることができるのが、カードローンの大きな特徴のひとつです。

 

○資金使途が自由

 

借入限度額の範囲内の利用であれば、借りたお金を利用者の裁量で使うことができます。
お金の使い道=資金使途を示す必要はありません。
先に述べた事業資金や投機資金として利用しないのであれば、借りたお金を何に使うのかは自由です。
生活費の不足、車の車検代、子供の教育費、人それぞれで様々な資金使途に対応することが可能です。

 

もちろんカードローンは借金のひとつですので、デメリットも存在します。
カードローンを使いこなすには、デメリットも十分理解しておくようにしましょう。

 

○なかなか完済できない

 

借入限度額の範囲内で自由に追加融資ができるということは、何度でも借入を繰り返すことができるということです。
そのため繰り返して利用していると、なかなか残高が減らず完済することができないことになります。

 

これが他のローンであれば、一度契約を結んで借入を行うと後は返済を続けていくだけとなります。
追加で融資を受けるには再度申込を行い、審査に合格する必要があります。

 

ところがカードローンでは、借入限度額の範囲内で自由に追加で融資を受けることができます。
とくにカードをATMに投入して現金を引き出すことができるので、まるで自分の預金口座から現金を引き出しているような錯覚を覚えてしまうこともあるのです。

 

これを防ぐには、自分で注意する他ありません。
必要以上のお金を借りないようにして、追加融資を行わない。
余裕があれば任意返済を行い、なるべく早く完済を目指す。
このような意識を常に持っておきましょう。

 

○金利が高め

 

カードローンの金利は、他のローンに比較すると高めの設定になっています。
資金使途が自由、無担保融資、追加借入可能といったローン商品の関係上、金利を高めに設定しなければ、提供している会社の採算が取れないのです。
もともと長期に返済が渡るカードローンでは金利支払いの負担が大きくなることに注意しておかなくてはいけません。

 

なるべく金利負担を減らすには以下のことを心がけましょう。

 

・必要以上のお金を借りない
・余裕があれば任意返済を行う
・他のローン(目的型ローン)との使い分けを明確にする

 

急な出費に即日で対応できるカードローン。
デメリットもよく理解したうえで、上手に活用していきましょう。